ナース

末期がんの治療で延命が出来る|諦めないことが重要です

ピックアップコンテンツ

基本情報を知ろう

免疫を上げる治療

体の中にあるがん細胞は、放置すると骨や臓器に転移します。そうなると末期がんに突入するので治療が困難になることもあります。通常、末期がんと宣告された場合医師が打つ手なしと判断することがあります。家族や本人はショックのあまり何も言い出せません。ありきたりな言葉ですが、末期がんは質の高い治療を続けることで延命させることができます。全ては諦めない事なので自分に合った治療法を見つけることが先でしょう。絶対にあきらめないという気持ちが末期がん患者の延命を促しているのは確かなので、末期がんに精通するクリニックを受診して、元気な身体を取り戻すことが目標です。

手術ができるのは初期のみ

末期がんになると臓器の至る所に転移しているので外科治療が難しくなります。その代わり放射線やホルモン療法を使ってがん細胞を小さくしていきますが、免疫療法の存在も忘れてはいけません。まだ広まっていないものの、自己の免疫を向上することで見事がん細胞を小さくすることができています。抗がん剤治療はがんを小さくするのに適している反面、体力を消耗するので抵抗力も落ち気味です。それを払拭するのが免疫療法なので、体力を温存しながら治療をしたい時に検討してみましょう。

死亡率が高い肺癌は発見された時手遅れである場合がほとんどです。ただ、早期発見ができれば外科手術で腫瘍を取り除くことができるでしょう。多くのケースは肺癌の場合、放射線をメインに治療をしますが末期がんに突入後も他の治療を交えて放射線を続けていきます。医師の指示通りに受けると余命宣告からだいぶ長く生きられるので希望が見えてくるでしょう。しかし、末期がんにならないためにも年に一度は人間ドッグやがん検診を真面目に受ける必要があります。

NEW POSTS

病院で出来る事

看護師

小岩の病院では糖尿病の専門治療を行っています。食事療法や薬を使った治療で症状を落ち着かせることが出来る他、病と上手に付き合っていけるので病院の存在はとても有難く感じるでしょう。

気楽に治療ができる

白衣の人

胸腺腫瘍になった場合、主な知慮としては外科手術と補助的に行なう放射線治療、そしてホルモン療法が中心になります。進行もそこまで早くはないため、早期発見ができれば幸いでしょう。

初期症状がある

病室

喉頭がんになると様々な症状が喉にやってきます。また喉頭がんになる原因もいくつかありますので当てはまる場合は、早急に病院をする必要があります。まずは病気の基礎知識を知りましょう。