男女

末期がんの治療で延命が出来る|諦めないことが重要です

初期症状がある

病室

がんになる原因

喉頭がんの原因は、喫煙やアルコールの過剰摂取、アスベスト、刺激物を過剰に摂取した時です。喉頭がんはいくつもの刺激をもろに受けた時発症する病で、放置すると食事を満足に摂れなくなります。また、喉頭がんで最も多い理由が喫煙で患者の90%以上が該当します。特徴は女性よりも男性に発症しやすい点で、死亡率も女性より10倍とかなり高い数字になっています。原因を知った以上、今喉頭がんになっていなくても予防と対策はしっかりと行なうべきですし、喉頭がんになった場合は最悪声帯の切除が必要になります。

予防のために大切な事

男性に多い喉頭がんを予防するためには、まず喫煙を減らすことです。タバコは喉頭がんのリスクを上げるだけではなく、肺がんや膀胱がんになる可能性を高くするきっかけになるので健康を維持するためにも即刻禁煙すべきでしょう。それが難しい場合は禁煙外来というものがありますので受診をし、タバコを止める訓練をする必要があります。ただ無理にやめると返って恋しくなるので、少しずつ本数を減らすやり方だと禁煙に成功しやすくなります。

症状が出た時は要注意

喉頭がんを発症すると、腫瘍が大きくなるので異物感が付きまといます。また、物を飲み込むことが困難になり、食事が苦痛になります。飲食を飲み込む時も喉に激痛が走るので食事の量も減るでしょう。すると体重も自然と減るのでそこから喉頭がんだとわかるケースもあります。他の症状では、耳全体の痛みと呼吸困難、血痰が見られ喉頭がんになるほぼすべての人に声が枯れる症状が出ます。一か月以上続く時は喉頭がんの可能性が高いので病院を受診しましょう。