男女

末期がんの治療で延命が出来る|諦めないことが重要です

気楽に治療ができる

白衣の人

非常に稀な病

胸腺腫瘍は、10万人に4人が発症する非常に珍しい病になります。また、胸腺がんよりも胸腺腫瘍が発症率も高く、若い人よりは40代に多くみられる病になります。胸腺腫瘍を患う大半が、筋肉無力症になっていたり関節リウマチになっていたりします。免疫系の合併症で見られるのが胸腺腫瘍の特徴になります。主な症状としては、胸の痛みと呼吸困難に陥ることですが症状が表に出づらいため、発見したころにはすでに症状が進んでいることが多いです。今は胸腺腫瘍に関する治療も質が上がっていますので治せる病です。気を落とさず病気を進行させない治療を積極的に進めていきましょう。

効果的な治療がNK細胞療法

医師から胸腺腫瘍だと診断された場合、お先真っ暗になる程ショックを受けますが、治療が進歩しているので希望を捨てるのはまだ早いです。まず進行度関係なく転移病巣に有効な治療を医師が提案してくれます。この治療で胸の痛みや呼吸困難がだいぶ改善されるので私生活も苦ではなくなります。また、NK細胞療法で胸腺主要の治療をする場合、副作用をほとんど感じることがないため、負担をより軽くできるでしょう。他の治療と組み合わせながら胸腺腫瘍を克服することができる点か完治を目指す患者にとって大きな希望です。さらに抗がん剤のような耐性ができないので、途中で治療を断念する必要は全くありません。腫瘍が小さくなるまで続けられるのもNK細胞療法の良いところでしょう。体力を同時に回復することが出来る他、胸腺腫瘍の転移や再発を防止できるのでNK細胞療法を使うと予後が大変良いです。