男女

末期がんの治療で延命が出来る|諦めないことが重要です

病院で出来る事

看護師

入院することもある

生活習慣病の一つに糖尿病があります。予防は血糖値を上げない食生活と体を頻繁に動かすことです。日ごろから糖尿病の薬を服用している場合は、医師の指示に従い真面目に服用を続けると病と上手に付き合うことができます。場合によっては入院を余儀なくされるケースもありますがビクビクする必要は一切ありません。小岩の病院では、糖尿病に関する治療を熱心に行なっていますし、規則正しい生活を送るためのカリキュラムを作ってくれます。その影響で合併症を引き起こす可能性を低く出来ますからメリットしかありません。

詳しい検査をする

小岩の病院では入院をしてもらい膵臓や合併症のチェックをします。そこに行き着くまでにはまず糖尿病の自覚を本人が持つことも大切になります。放置をすると最悪失明や足の腐敗等が見られるようになり、切断する羽目になります。そうなる前に小岩の病院では糖尿病の診断を下すために検査入院を勧めることがあります。検査入院ではまず動脈硬化や糖尿病腎症、脳膜症等の合併症がないかじっくりと検査していきます。また、糖尿病の合併症は神経と血管に大きなダメージを与えるので一旦発症すると完全に治すことが難しくなります。各臓器への影響を知ると早めに対処することができるので、小岩の病院でも検査入院を勧めているわけです。特に合併症を引き起こしやすい肥満や高血圧の人は、入院覚悟で病院を訪れましょう。

生活習慣の見直し

食事を摂ると、誰でも血糖値は上がりますが糖尿病の場合異常な数値が出るため危険な状況だといえます。この場合、最適な治療としては食事療法でしょう。小岩の病院でも採用している教育入院に関してあまり知らない人もいますが、生活習慣病が原因の糖尿病だった場合食事で気を付けることを学ぶ場になるので健康的な体になるのは目に見えています。一定期間、その環境で生活をしていただき正しい知識を自宅に持ち帰ることで今後自分でも血糖値をコントロールできます。